ホーム国際

チェチェン共和国の首長が日本を嘲笑「武士道が欧米に腰を抜かした」

By Will: : 10,075

ロシア連邦チェチェン共和国のカディロフ首長は8日、ロシアのウクライナ軍事侵攻を巡り、日本政府に制裁の対象とされたことについて、テレグラムで以下のように語った。

広告-以下に続く

私は、米国とその欧州の従者たちが、自分たちの活動性を示すために制裁を課し、私の存在しない銀行口座を凍結するという、卑劣な政策を理解し始めたところだったのです。しかし、日本は何世紀もの間、道徳と高貴な「武士道」的行動の伝統を持ち、常に他の国とは一線を画してきた国が、突然ヨーロッパの下で腰を抜かしてしまったのです。このような一見賢い人々が、どうして突然、そもそも日本にはない私の資産を凍結しに行ったのか、本当に不思議です。

おそらく、経済活動の禁止に加え、アニメ鑑賞や花見もできなくなるのだろう。忍者の仲間入りをして、ひっそりとやっていこうと思います。え、今更忍者にもなれないのか…。

広告-以下に続く

まったく同じように対策すればいいだけなんですけどね。今後、日本の指導者はチェチェンの地に足を踏み入れることを禁じられる。ただし、ブラグン村とサマシキ村の精神病院の2カ所だけは例外だ。彼らから必要な治療を奪うために、私は獣ではありません。彼らの財産と銀行口座はすべて押収して売却し、そのお金は千島列島の開発基金に送る。

そして、真面目な話、どこの国の制裁もどうでもいいのである。私が怖いのはただ一つ、全能の神の制裁を受けることである アッラーとの関係だけが壊れるのが怖いんだ!

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore