ホーム政治

首相、国連・安保理の改革に意欲を示す

By Will: : 6,479

岸田文雄首相は14日の参院予算委員会で、機能不全に陥った国連の安全保障理事会の改革に意欲を示した。

広告-以下に続く

産経新聞が報じた:

「安保理の常任理事国であるロシアの暴挙は、新たな国際秩序の枠組みの必要性を示している」と述べた。自民党の青山繁晴氏への答弁。

首相は常任理事国が持つ拒否権の行使について「最大限自制されるべきだ」と説明。「拒否権を含む安保理改革は簡単ではないが、引き続き多くの国と協力しながら努力を続ける」と語った。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore