ホーム国内

ウクライナ避難民、身元保証なしで入国許可…凶悪犯やスパイも受け入れOKに

By Will: : 10,199

日本政府は18日、ウクライナからの避難民について、日本に身元保証人がいない場合でも特例で入国を認める方針を示した。松野博一官房長官は会見で「日本への避難を希望するウクライナの方々はいつでも受け入れる」とまで語っている。

この方針は、ウクライナから入国するテロリスト、スパイ、犯罪者が「ただの善良なウクライナ避難民です」と申告すればほぼ無条件に認めることを意味する。

広告-以下に続く

さらに、特例の範囲は新型コロナウィルスの陰性証明書にまで及ぶ。

日経新聞が報じた:

円滑な受け入れに向けて査証(ビザ)申請に必要な書類は簡素化する。代表者が複数人の査証を申請可能にし、迅速な発給を目指す。

広告-以下に続く

新型コロナウイルスの水際対策で求めている陰性証明書は提出しなくても入国できるようにする。入国時の検査は実施する。松野氏は1日7000人の入国者上限についても「入国に支障がないよう配慮する」と言及した。

知人や親族が日本にいない避難民には受け入れる自治体や企業などを紹介する。

ウクライナ避難民の受け入れを巡る関係省庁会議は岸田文雄首相が16日の記者会見で設置を明らかにした。トップに松野氏が就いた。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore