ホーム国内

海水浴場で水上バイク暴走の男が出頭「殺人未遂と言われて驚いた」

By Will: : 4,898
画像:アンドライフズ

兵庫県明石市の海水浴場で昨夏、水上バイクで遊泳客の近くを暴走した男が神戸海上保安部に出頭した。

広告-以下に続く

当時この男が暴走する様子がテレビで流されていた。これを重く見た市が、容疑者不詳で殺人未遂容疑などで海保に刑事告発。男は取材に対し、「殺人未遂だと言われて驚いた」「こんなに大騒ぎになると思わなかった」などと語っている。

読売新聞が20日に報じた:

海保は近く、男を殺人未遂と県水難事故防止条例違反の両容疑で書類送検する。神戸地検は刑事処分を慎重に判断するとみられる。

広告-以下に続く

明石市によると、同市の海水浴場で昨年7月31日、遊泳客のそばを複数の水上バイクが猛スピードで走行。負傷者はいなかったが、市は8月、テレビで放送された当時の映像を基に、容疑者を特定せず、両容疑で海保に告発状を出した。

男が名乗り出てきたため、海保が事情を聞き、映像を分析したところ、この男が運転していたと特定した。

広告-以下に続く

男は今年2月、取材に応じ、「爽快感が楽しく、最高で時速100キロぐらい出した。遊泳客からは離れていたつもりだった」と釈明。テレビを見て名乗り出たといい、「殺人未遂だと言われて驚いた。もう水上バイクに乗らない」と話した。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore