ホーム国内

坂上忍、無能な女性議員の割合を高めるべきと主張「そこから育てればいい」

By Will: : 6,634
画像:サンスポ

国会での女性議員の割合について、俳優の坂上忍は21日の番組で、クオータ制を導入するなどして直ちに増やすべきだと主張。それで、無能な女性議員が増えたとしても、「そこから育てればいい」とした。

広告-以下に続く

東京スポーツが報じた:

国会での女性議員の割合の低さなど、女性の社会進出が進んでいない現状について議論をする中、坂上は「国会だって適材適所とか言ってる場合じゃないんだって、無条件で女性を4分の1入れましょう、決まりなんです!ってそこから育てていくっていうのじゃダメなの?大ナタ振るわないとダメだよ」と持論を展開。

さらに「なんでこいつがこんなポジションにいなかやいけないんだ!って男なんてゴロゴロいる。役者だって、芸人さんだって、タレントさんだって、アナウンサーだってそう。箸にも棒にも掛からないけど、ポン!って放り出して、出ているうちにそれっぽくなる子っているじゃない?それでもそれっぽくならない子は淘汰されていくわけで、枠を作るっていうのはダメなの?それは女性に対して失礼なの?とにかく数を増やしてくれないと。枠決めてくれよって思う」と訴えた。

広告-以下に続く
あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore