ホーム国際

【朗報】韓国が希望するクアッド参加を米国が拒否…新大統領が公約も

By Will: : 5,022

韓国の尹錫悦(ユン・ソンヨル)次期大統領は、米国や日本などの4カ国で構成さる経済・安全保障の枠組み「Quad(クアッド)」の参加を大統領選の公約としていたが、幸いなことに米国側から拒否されたようだ。

広告-以下に続く

コリアエコノミクスが報じた:

米国国務省が、ユン・ソンヨル(尹錫悦)次期韓国大統領が公約していた韓国のクワッド(QUAD)加盟にと関連して「これまでクワッドは外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と述べ、一旦拒否したとも取れる回答をしたことが分かった。

19日(現地時間)、米国防省系メディアであるボイスオブアメリカ(VOA)によると、米国国務省の広報担当者は前日(18日)、ユン次期大統領のクワッド関連公約に対するVOAの取材に対しこのように答えた。

広告-以下に続く

クワッドはインド・太平洋地域で中国の影響力拡大を牽制するための性格を持つ安保協議体であり、米国・日本、インド・豪州の4カ国で構成されている。

韓国の通信社「ニュース1」は20日、この報道を取り上げ、「米国務省のこのような回答は、クワッドがまだ他の国の加盟を考慮していないという意味と解釈される」と分析した。

広告-以下に続く

ユン次期大統領は大統領選挙期間中、「クワッド傘下のワクチン・気候変動・新技術ワーキンググループに本格参加して機能的協力を続け、今後正式加入を模索する漸進的アプローチを追求するだろう」と公約していた。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore