ホーム国際

ロシアの前大統領、北方領土交渉が「詐欺目的」と認める

By Will: : 3,472

ロシアのメドベージェフ前大統領は北方領土問題を巡る交渉が日本から経済支援を引き出すための「詐欺」目的であることを認めた。

広告-以下に続く

メドベージェフ氏は自身の「テレグラム」チャンネルに、両国が北方領土問題に関して合意をを見つけることは決してなかっただろうと投稿した。

ブルームバーグが報じた:

現在はロシア安全保障会議の副議長を務めるメドベージェフ氏は両国がこれを理解していたとし、交渉は「常に儀式的な性質」を帯びていたと主張。ロシア憲法改正でいかなる領土の割譲も禁じられており、今では協議が全ての意味を失ったと説明した。

広告-以下に続く

メドベージェフ氏は、ロシアが「クリール諸島(北方領土と千島列島)の開発を持続的に進める」べきだとも指摘した。

ロシアは北方領土の経済協力を巡る日本との対話を打ち切り、ビザなし交流についても制限する。ロシア外務省が21日、発表文をウェブサイトに掲載した。ロシアのウクライナ侵攻を巡り日本が制裁を科したことを理由に挙げた。

広告-以下に続く

とはいえ、安倍政権の対ロシア外交が間違っているわけではない。ロシアの何倍の脅威である中国との距離を引き離すために必要だった。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore