ホーム国際

中国籍の留学生逮捕 他人になりすまし「メルカリ」で不正購入か

By Will: : 5,611

フリマアプリに他人になりすましてログインし、不正に購入した商品を自宅で受け取ったとして、中国籍の大学生が23日、逮捕された。

警視庁はこの中国人を商品の受け取り役とみており、組織的な犯行の可能性がある。 (関連:外国人犯罪をアシスト…オンライン上の在留手続きの対象拡大 3月16日から

NHKが報じた:

逮捕されたのは、福岡市に住む大学生で中国籍の張天俊容疑者(23)です。

警視庁によりますと、去年11月、フリマアプリ「メルカリ」に都内に住む40代の男性になりすましてログインし、不正に購入した5万円余りのゲーム機を自宅で受け取ったとして不正アクセス禁止法違反などの疑いが持たれています。

被害者の男性は「フィッシング」と呼ばれる手口でメールからメルカリの偽のサイトに誘導され、パスワードなどを盗み取られたとみられるということです。

送り先の住所などから容疑者が特定されたということで、調べに対し「ほかにも100個ほどの商品を受け取った」と供述する一方「犯罪とは思っていなかった」と容疑を一部否認しているということです。

警視庁は商品の受け取り役だったとみて、詳しいいきさつを調べています。

フリマアプリをめぐっては、偽のサイトを通じてパスワードなどを盗み取られる被害が相次いでいて、国民生活センターによりますと、関連する相談は去年4月以降、合わせて460件余りに上っているということです。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore