ホーム政治

茂木幹事長、「高市」外しを謝罪

By Will: : 5,549
画像:epochtimes

自民党の高市早苗政調会長は23日の記者会見で、原油高対策を協議する自民、公明、国民民主3党の検討チーム設置について「連絡がない」と不快感を示したことに対し、茂木敏充幹事長から謝罪があったと明らかにした。

広告-以下に続く

時事通信が報じた:

「幹事長も急いでいたのだと思う。『申し訳ない』という話だった」と述べた。その上で「政調の手続きをしっかりやりながら結論を導き出したい」と述べ、自身も関与していく考えを強調した。

広告-以下に続く

政調会長は党の政策立案の責任者でもある。なのに、高市氏は検討チーム設置を聞かされていなかった。

高市氏は16日の記者会見で、検討チームで議論するガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除などについて、政調内の税制調査会を中心に議論すべきだと指摘。トリガー条項を発動した際は税収などへ影響は避けられないとし、「3人の幹事長だけで内容を決めることではない」と訴えた。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore