ホーム国内

日テレが謝罪「アフリカ一部民族への差別表現を使ってしまった」

By Will: : 8,959

日本テレビは24日、同局で放送された深夜番組の出演者が差別表現を使用したとして、番組公式サイトで謝罪した。

広告-以下に続く

掲載された謝罪文によれば、出演者が口にしたのは『ホッテントット』というアフリカのコイコイ人を指す言葉で、共同通信社が刊行する新聞用字用語集「記者ハンドブック」(14版)では「差別語・不快用語」にあたるとして、言い換えが指示されている。

公の場で使用を禁止される「差別語・不快用語」は、今後増えていく。

広告-以下に続く

J-CASTが報じた:

「午前0時の森」は、日本テレビ系列で2022年4月11日から毎週月曜日・火曜日に放送開始予定の生放送トークバラエティ。21日深夜には、レギュラー放送に先立ってパイロット版が生放送された。

初回には、特別MCとして元プロレスラーの前田日明さんらが出演した。この放送中、出演した女性の身体的特徴を揶揄するような発言などがあったとして、視聴者から問題視する声が上がっていた。

広告-以下に続く

番組公式サイトで24日までに公開された謝罪文は、以下の通りだ。

「女性の身体的特徴に関する発言、性的な発言などにより、視聴者の皆様に不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。その際に、出演者が『ホッテントット』というアフリカの一部の地域の方々への差別表現を使いました。関係者の皆様、視聴者の皆様に重ねてお詫び申し上げます」

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore