ホーム国際

反日ドラマ出演の米国人俳優「日本が韓国を支配し、ここまで弾圧、虐待したとは正直に知らなかった」

By Will: : 9,052

Apple TV+のオリジナルドラマ「パチンコ」が25日、世界同時公開される。同ドラマに出演した米国人俳優のジミー·シンプソン氏(『ウエストワールド』、『ハウス・オブ・カード/野望の階段』)は、「日本が韓国を支配し、ここまで弾圧、虐待したとは正直に知らなかった。韓国が経験したすべての苦痛を明確に見せるので、共感してほしい」と訴えた。

広告-以下に続く

この俳優は脚色された噓の反日ストーリーを鵜吞みにしているようだ。

以下、韓国メディアの記事から翻訳:

このドラマは、韓国人に対する日本の外国人嫌悪を隠さない、日本による植民地時代 韓国でも、日本による植民地時代の時に70万人を超える韓国人が移住した日本でも極度の嫌がらせと差別的な階級システム、暴力は日常茶飯事だった。

在日韓国人ソロモンの米国人ボスを演じたジミー·シンプソンは「日本が韓国を支配した歴史、そして当時韓国がどれだけ弾圧を受け虐待を受けたかについて正直に知らなかった、誰も私に教えてくれなかった、学校ではこうしたことを教えてくれなかった」とし「この番組は韓国が経験したすべての苦痛を明確に示すだろうから共感してほしい」と述べた。

広告-以下に続く

このドラマの大まかなストーリーは、日本による植民地時代、故郷を離れることになった移民者家族4世代の話ですが、ドラマの中で、日本による植民地時代の米収奪、侮辱的な不審尋問、徴用徴兵、慰安婦、関東大虐殺などが、全て出てくるという。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore