ホーム国内

【悲報】表現の不自由展、4月東京開催へ

By Will: : 3,441
画像:ダイヤモンド・オンライン

あの反日作品展が、今度は東京都で開催される。

広告-以下に続く

共同通信が報じた:

19年に愛知県で開かれた芸術祭「あいちトリエンナーレ」で抗議が殺到した企画展「表現の不自由展・その後」の作品などを展示する「表現の不自由展 東京2022」が4月2日から5日まで、東京都国立市のくにたち市民芸術小ホールで開催されることが決まった。実行委員会が25日発表した。

当初は昨年6~7月に新宿区のギャラリーで開催予定だったが、「反日展示会はやめろ」との街宣車の抗議を受け延期を余儀なくされていた。

広告-以下に続く

実行委によると、16組の作家が出展。企画展に出品された、慰安婦を象徴する「平和の少女像」など、公立美術館で展示できなかったり撤去されたりした作品を展示する。

「表現の不自由展・その後」に展示された動画作品には、コラージュ画に使われた昭和天皇の肖像をガスバーナーで燃やし、灰を足で踏むようなシーンが再三登場した。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore