ホーム国際

ロシア、現金バラマキで地域住民懐柔作戦

By Will: : 5,797

ロシア非常事態省は24日、ウクライナに侵攻しているロシア軍が制圧した地域に在住する年金生活者や公務員を対象に、生活支援一時金として1万ルーブル(約1万2000円)を支給すると発表した。(関連:プーチン打倒の日は近い?

広告-以下に続く

現金を配ることで、露軍の統治に反発する南部ヘルソンなどの地域住民を懐柔する狙いがあるとみられる。

読売新聞が報じた:

広告-以下に続く

プーチン露政権は、こうした地域で、地元の親露派勢力を巻き込んだ長期支配を視野に入れている可能性がある。ヘルソンでは親露派の「人民共和国」樹立に向けた住民投票を画策していると伝えられ、南部メリトポリでは市長を拉致して、独自の「市長代理」を一時擁立した。いずれも住民の抵抗で不調に終わった。(関連:ロシアの前大統領、北方領土交渉が「詐欺目的」と認める

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore