ホーム国際

韓国が公使呼び抗議 「慰安婦の強制性を薄めた」

By Will: : 10,199

韓国外務省は29日、日本の高校教科書の検定結果公表を受けて報道官声明を出し、「自国中心の歴史観に従い、歴史的事実を歪曲(わいきょく)した」などとして、遺憾の意を示すとともに是正を求めた。

広告-以下に続く

産経新聞が報じた:

同省は同日、在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を呼んで抗議した。 (関連:韓国新大統領、改善に向けた努力を要求 日本大使との面会で

広告-以下に続く

声明は、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)について「日本固有の領土」と明記されたことに対し「日本のいかなる主張も受け入れられない」と批判。慰安婦やいわゆる徴用工問題をめぐる記述に関しても「強制性を薄める方向に変更された」と主張した。

韓国側が反発する一方、検定結果が公表された高校教科書には、強制性をうかがわせる表記も残るなど、自虐史観的な表現の払拭には至っていない。

政府が昨年4月、使用を不適切とする閣議決定をした「従軍慰安婦」を記述する教科書もある。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore