ホーム国内

記者に銃口「意図的」否定 米軍

By Will: : 5,456

那覇港湾施設(那覇軍港)で基地警備訓練を実施していた米兵が、基地の外にいた記者に銃口を向けたとする琉球新報の報道について、在沖米陸軍は1日、沖縄防衛局を通して見解を示した。(関連:「沖縄が味方に付けるべき相手は中露北」琉球新報が弁明

広告-以下に続く

琉球新報によると、「武器は記者を指していない」などとして意図的に銃口を向けた可能性を否定。また、米側は訓練で使用した銃について「全ての武器は弾薬が入っていない状態だった」と説明した。

在沖米陸軍の説明は信用できる。画像を見る限り、銃口は記者に向いていない。そもそも、米兵が200メートル近く離れたカメラマンを認識できるのだろうか?

広告-以下に続く

琉球新報は1日、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)での基地警備訓練に参加した兵士が同紙の記者に銃口を向けたと動画付きで報じた。だが、実際に据銃する瞬間は動画で公開せず、写真に切り替えている。

広告-以下に続く
あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore