ホーム国内

政府専用機、邦人の搭乗拒否か 1機で最大110人の余裕も

By Will: : 5,611

ポーランドからウクライナ避難民20人を乗せた政府専用機が5日、日本に到着した。日本人の搭乗者は1人もいない。このことについて、一部メディアは「日本国籍を理由に搭乗を断られた」という証言を報じている。

広告-以下に続く

「ポーランドからの帰国手段を自力で確保するのが困難だ、と考えられる在留邦人からの具体的な要望はなかった。特段、邦人の搭乗が排除されていたわけではない」

松野博一官房長官は6日の記者会見で、今回の輸送で日本人が含まれていなかったことを問われ、こう答えた。

広告-以下に続く

夕刊フジが報じた:テレビ朝日は4日、ウクライナ人の夫と娘2人を持ち、ウクライナの首都キーウ(キエフ)から西部リビウに避難している日本人女性の証言を報じた。女性が日本大使館に、政府専用機への搭乗について問い合わせたところ、「日本国籍を持っている人は対象でない」と言われ、ショックを受けたという内容だ。

関連の記事

一体、どんな基準で搭乗者を選んだのか。外務省担当者は「あくまで現地での聞き取りで人道的な観点から手を差し伸べた。希望者全員が搭乗できたかは、回答を差し控える」と夕刊フジに語った。

広告-以下に続く

政府専用機は今回、2機が現地に飛んだ。防衛省によると1機で最大110人は搭乗できる。相当余裕はあったはずだ。

ちなみに、ポーランド―羽田間は民間機で片道約20万円で、20人ならば単純計算で約400万円。国民の税金で政府専用機を運航する以上、最大限の支援をすべきだ。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore