女性差別を訴える女性ほど自信過剰だと明らかに?

2021年2月27日   

リンクトイン(LinkedIn)ジャパンの調査によれば、女性の43%がもし自身が男性だったら、今よりもキャリアの立ち位置は良かったと考えていると回答した。

これは自身が昇進できないのは「日本社会や職場の男女不平等のせいだ」とし、能力不足だと気付かない自身過剰な女性がいることを明らかにしている。

リンクトイン広報担当は「家庭での責任の重さによるものではないかということが、より強く類推できる調査結果」と分析した。

一方教育、法執行機関、医療機関では不当な扱いを受けていると感じるとの回答が皆無だった。

同調査では、7割以上の女性が、「将来も現在の職位を維持したい」(42%)「ある程度は昇進したいが、幹部職にはなりたくない」(25%)という「ノンキャリア志向」とも回答している。

おすすめの記事