カテゴリー: 科学・医療

監督の中国批判が原因で上映中止 ゴールデン・グローブ賞作品

By Mr.Robot
https://eiga.com/news/20210217/20/から

中国政府は、過去に中国を批判した、中国国籍のクロエ・ジャオ監督作品の上映を中止させました。

産経新聞などが報じています。

現代のノマド(遊牧民)として季節労働の現場を渡り歩く女性を描き、米映画賞「ゴールデン・グローブ賞」の監督賞などを受賞した「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督(38)=中国出身=が、過去に中国を批判した発言が問題視された後、中国内の映画サイトで4月の上映予告が削除された。事実上の上映中止とみられる。香港メディアなどが14日までに伝えた。

産経新聞

シャオ監督は、13年の雑誌のインタビューで、「成長期にいた中国はウソがあふれ、情報はどれも正確でなかった」「私の国は米国だ」と発言。中国のネットユーザーから猛烈な非難を浴びせられました。

アリババ創業者のジャック・マー氏のように、中国人が自国を批判すれば、何らかのペナルティーが科せられます。