カテゴリー: 国際

トランプ氏、バイデン政権の移民政策、巨大な隠蔽工作を非難

By エリック・カートマン
Noel Prifti

バイデン大統領の選挙演説は、不法滞在者のための医療制度などを約束し、移民が米国に殺到することを促した結果、移民たちは、"Biden please let us in!"と書かれたシャツを着て国境にやってきました。

バイデン大統領が国境危機を収束させたトランプの政策を覆すことを急いだ結果、米国のメキシコ国境に、何千人もの単身の未成年者を含む入国希望者が殺到しています。国境通過数は過去3年間の合計を上回るペースで推移しており、移民局は1万5千人以上の未成年者を米国で保護しています。

国土安全保障省(DHS)のアレハンドロ・マヨルカス長官が「ドナルド・トランプ大統領がジョー・バイデンに尻拭いをさせるために混乱を残した」と発言するなど、国境危機をバイデン政権はトランプ前大統領に責任をなすりつける主張を繰り返してきました。
トランプ大統領は 21日(現地時間)、これらの主張に対して、非難の声明を出しました。

「我々は、歴史上最も安全な国境を誇りを持ってバイデン政権に手渡した。彼らがすべきことは、このスムーズなシステムを自動操縦しておくことだった。しかし、わずか数週間のうちに、バイデン政権は国家的勝利を国家的災害に変えてしまった」、「バイデン政権は手に負えない状態」とトランプ大統領は述べました。

マヨルカス長官の発言について、トランプ元大統領は「今日の日曜日の番組でのマヨルカ長官の哀れで無知なパフォーマンスは、国の恥である」と非難。そして、マヨルカ氏がアメリカの国境警備隊やICEの職員に対して「箝口令」を敷いていて、バイデン政権は 巨大な隠蔽工作を行っている と主張、議会に調査を要請しました。

さらにトランプ大統領は、バイデン大統領の政策が「死と人間の悲劇を引き起こしている」と嘆きました。「人身売買や性犯罪はもちろんのこと、南側国境から記録的な勢いで麻薬が流入している。この政権の無謀な政策は、人類に対する犯罪を可能にし、助長している。我々の国は破壊されている」。

米国の南部国境危機の解決策について、トランプ元大統領は「数週間でできる壁をすぐに完成させること」、「自分たちの完全な失敗を認め、深く効果的で実績のあるトランプの政策を採用することだ」と主張しました。

バイデン大統領はトランプ前政権の対移民強硬策の転換により、移民の急増に拍車が掛かっていると、共和党やメディア、民主党内からも批判されています。

しかし、バイデン氏は、2019年と20年にも移民の急増はあったと反論しています。

参考サイト

AFP通信
PJ Media

カテゴリー: 国際