カテゴリー: 国際

米国人の多くは、バイデン氏の移民対応と銃乱射事件への対応に不満

By エリック・カートマン

世論調査によると、ジョー・バイデン大統領は、米国とメキシコの国境付近における移民の急増や、銃乱射事件の対応について、米国人の支持を得られずにいることが明らかになりました。

James

ABCニュース/イプソスの世論調査によると、米国の南部国境が歴史的な移民の急増に見舞われている中、57%の米国人が現政権の対応を不支持だと回答。民主党内では多くの支持を得ており、民主党員を名乗る回答者のうち、不支持と答えたのはわずか33%でした。しかし、共和党員の大多数(89%)は不支持で、無党派層の54%は変化を求めています。

また、アメリカ人の過半数(54%)がこの状況を「危機」と捉えていますが、ホワイトハウス当局はこの表現を何度も避けています。

バイデン氏は、新型コロナウイルスのパンデミックやワクチン配布への対応で高い評価を得ましたが、大多数の人がホワイトハウスに不足していると見なしている銃暴力の分野では評価を落としました。

世論調査によると、57%がバイデンの銃乱射事件への対応に不支持と答えています。民主党員の37%が不支持と回答し、共和党では89%、無党派層では54%が不支持と回答しています。

イプソス社の世論調査は500人以上の成人を対象に実施され、誤差は4.9ポイントでした。

参考サイト
ABC NEWS

カテゴリー: 国際