カテゴリー: 国際

バイデン氏、軍事予算を753億ドルに増やすことを要求

By エリック・カートマン

Authored by Dave DeCamp via Antiwar.com

約7,150億ドル(約82兆6千億円)が国防総省に直接支払われ、2021年の約7,040億ドルから増加します。軍事費の増加については、多くのメディアが「微増」という枠で報じています。しかし、数百億ドルの追加により、米国の軍事予算としては史上最高額となります。

法外な額の支出を正当化するために、米国防総省は、米国にとっての最大の脅威と見なす中国に立ち向かうために必要だとしています。米国防総省は、今回の要請に関する声明の中で「この裁量的要請は、中国からの脅威に対抗する必要性を省庁の最重要課題として優先させることで、国家への脅威に対処するものである」と述べています。

バイデン氏の要求は、米国が国内の支出を優先するために軍事予算を削減すべきだと考える進歩的な民主党員からの批判を招きました。ロー・カーナ議員(民主党)は「バイデン氏はペンタゴンに7,150億ドルの予算を提案しました。トランプの予算はわずか7,150億ドルでした。私たちはオバマのレベルに戻るべきです。防衛関連の請負業者や無駄なプロジェクトにこれ以上お金を注ぎ込まないために」とFacebook上で述べました。

カテゴリー: 国際