カテゴリー: 政治

立憲/共産のコラボ本発売延期、参加議員は党幹部から厳重注意

By NewsMore

立憲民主、共産両党の議員による対談を収めた書籍の出版が、予定の6月18日から延期される。読売新聞によると、立憲の支持団体の連合などで問題視され、同党の安住淳国会対策委員長が参加議員の一人に厳しく注意する事態になった。

出版延期となった書籍のタイトルは「政権交代で日本をアップデートする」(大月書店)。立憲の小川淳也、逢坂誠二両衆院議員、共産の田村智子政策委員長や藤野保史衆院議員ら計8人が登場し、2人ずつ外交・安全保障や経済など4分野で対談する形式となっている。この書籍に共産と対立する連合傘下の労働組合は反発した。

産経新聞:

同書の刊行は、共産と対立してきた連合内で物議をかもしていた。関係者によると、産業別労働組合(産別)からは「共産と一緒に本を出す立民を支援するのはおかしい」といった声が上がったという。

また、ある産別の幹部は「共産の政権構想に巻き込まれるのは非常に迷惑だ」とした上で「出版自体をとやかく言わないが、立民の4人は選挙で支援できない」と語った。

支持母体となる連合からの反発する事態を受け、立憲の安住淳国会対策委員長は25日、参加議員の一人に厳しく注意。

注意された参加議員は読売新聞の取材に応じ「2党だけの対談本とは知らなかった。表紙を見て『まずい』と思った」と語った。

発売予定日について、大月書店のHPは「刊行時期は改めてご案内申し上げます」としている。しかし、産経新聞によると、あるオンライン書店は衆院選が終わった後となる12月30日としている。

カテゴリー: 政治