カテゴリー: 国際

中国製ワクチン利用の国々で感染者・死者数が急増

By NewsMore

中国製ワクチンを接種する多く国で新型コロナウイルスの感染者が急増している。

Forbesによると、少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いセーシェル(72%)と、それに次いで高い水準にあるモルジブ(57%)、チリ(56%)、バーレーン、(55%)、ウルグアイ(51%)で感染者と死者が増加。ウルグアイはここ数週間、人口10万人あたりの死者数が最も多くなり、モルジブとバーレーンは、5月中に報告された10万人あたりの死者数が米国、インドを大幅に上回った。また、チリ、セーシェルは、世界で最も早いペースで感染者が増加している。

接種率が高いこれらの国の多くは中国のシノファーム(中国医薬集団)製のワクチンを使用している。セーシェルの保健当局が5月中旬に明らかにしたところによると、同月第1週に感染が確認された人の3分の1以上が、同社製の接種を受けていた。

当然、シノファーム製ワクチンの有効性について、懸念が高まっている。バーレーン、同社製ワクチンの使用を認可したアラブ首長国連邦(UAE)はすでに2回の接種を完了した人を対象とするブースター接種も行っている。

広告-以下に続く

世界保健機関(WHO)は先月、シノファーム製ワクチンの緊張使用を許可した。

カテゴリー: 国際