カテゴリー: 国際

香港の民主活動家を拘束 中国政府、追悼集会阻止へ躍起

By NewsMore
画像:Japantimes

香港で4日、天安門事件の追悼集会の準備が進む中、著名な民主活動家の鄒幸●(●は丹にさんづくり、Chow Hang-tung)氏(37)が警察に拘束された。

弁護士の鄒氏は、天安門事件の犠牲者を追悼するため、毎年6月4日にビクトリア公園で大規模なキャンドルイベントを主催している民主派団体「香港市民支援愛国民主運動連合会」の副会長の一人。

AFP通信によると、鄒氏は中環(セントラル)地区にある自身のオフィスが入るビルの前で、私服警官を名乗る4人に拘束された。さらに、警察関係者がAFPに語ったところによると、鄒氏は違法集会の告知・宣伝を取り締まる公安条例第17項Aに違反した容疑で逮捕された。

広告-以下に続く

中国政府の意向をくむ香港政府は4人を超える集会を禁止する新型コロナの封じ込め措置を繰り返し延長し、この規定を理由にデモ活動の申請を拒否。今年の追悼集会も禁止されていて、支連会はキャンドルイベントを中止すると発表した。

だが、鄒氏は報道機関とのインタビューで、4日夜に個人的にビクトリア公園に行く意向を示していた。

中国政府は前例がないほどの厳格な措置で天安門事件の追悼集会を阻止している。一党独裁があらゆる手段を講じて北京で起こった事件の記憶を抑制かつ抹消しようと躍起になっている証拠だ。

カテゴリー: 国際