中国は世界貿易にとって脅威となるかもしれない=ブルームバーグ

By sputnik

中国南部の港では、新型コロナウイルス感染症の再流行で遅延が生じており、これが世界的なサプライチェーンの混乱を引き起こす可能性がある。このような傾向は世界貿易に脅威をもたらしており、価格の急騰につながるおそれがある。ブルームバーグが報じた。

Project44社のジョシュ・ブラジル氏(マーケティング担当副社長)によると、中国の港での遅延は、コンテナ不足と輸出需要の増加により、すでに中国国内で輸送費の高騰を引き起こした。

ブラジル氏は「これらの高い輸送コストは、迫りくる世界的なインフレ脅威の原因となる可能性がある1つの要因にすぎない」と指摘した。

広告-以下に続く

ブルームバーグによると、コスコシッピングラインズが運航する貨物船は、中国での遅延により、今月はシンガポールに到着しない。

先に、バイデン米大統領は、世界の貿易ルール作りに中国は参加するべきではないとの考えを示した。(sputnik

カテゴリー: 国際

人気の記事