ゴーン被告の逃亡支援で初公判 起訴の米親子が事実を認める

By sputnik

14日、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の海外への逃亡を援助したとして米国人親子の初公判が東京地方裁判所で始まった。AFP通信が報じた。両被告は起訴事実を認めている。

マイケル・テイラー被告(60)とピーター・テイラー被告(28)は2019年12月にゴーン被告のレバノンへの逃亡を支援したとされる。両被告はゴーン被告を楽器ケース中に隠しプライベートジェット機で移送した。移送の際にはトルコを経由したとされる。レバノンは身柄引き渡し条約を日本と結んでいない。

広告-以下に続く

ゴーン被告は会社法違反など4件で起訴されていたが、当時は保釈中だった。両被告が有罪を言い渡された場合、3年以下の懲役刑となる可能性がある。(sputnik

カテゴリー: 国内

人気の記事