野党、15日に内閣不信任決議案提出 枝野氏「解散総選挙になれば枝野内閣の枠組み説明」

By NewsMore

立憲民主党など野党4党は14日、菅内閣の不信任決議案を提出することを決定した。15日午前に衆院に提出する予定だ。

産経新聞が報じた:

枝野氏が共産、国民民主、社民の各党党首との会談後、記者団に不信任案提出を明言した。不信任案提出は令和元年6月以来2年ぶり。野党には東京都議選(25日告示、7月4日投開票)と秋までに行われる衆院選を前に政権との対決姿勢を強調する狙いがある。

広告-以下に続く

ABEMA NEWSによると、枝野氏は会談後、記者から「仮に政権交代を求めるということにななれば、どういう枠組みになるかは国民の関心事になると思う。そうしたことが曖昧なままでの不信任案提出は迫力に欠けるのではないかとの意見もある」と問われ、「解散総選挙になることが確定した場合、私が責任を持って枝野内閣の枠組みを皆さんにご説明申し上げる」と答えた。

カテゴリー: 政治

人気の記事