年少者接種に抗議殺到 「殺すぞ」と脅迫も

By NewsMore

新型コロナウイルスワクチンの接種対象を16歳以上から12歳以上に拡大した一方で、、年少者への接種が始める自治体に抗議の電話が殺到している。「人殺し」「殺すぞ」と、脅迫とも取れる内容があり、担当者は対応に追われている事態となっている。

時事通信が報じた:

厚生労働省は今月から、米ファイザー製ワクチンの接種対象を16歳以上から12歳以上に拡大した。これを受け、京都府内のある町では希望した12歳が接種を受けたところ、町外から抗議電話が殺到。「10代は死亡事例がないのに」「ワクチンの危険性を認識しているのか」といった内容のほか、「人殺し」「殺すぞ」とののしるものもあり、町は警察に相談した。

広告-以下に続く

高校生への優先接種方針を示した北海道や愛知県の自治体にも、同様の電話やメールが相次いだ。他にも小中学生に集団接種を行うと表明した岡山県の市など、抗議対象は全国に広がりつつある。

SNS上では、ワクチンに懐疑的な人同士がつながり、自治体への抗議を呼び掛けている。フェイスブック上で反対運動を展開するグループには14日時点で800人超が参加。抗議する自治体名や電話番号が共有され、参加者は「子供たちのためなら頑張れる」「県内の人のふりをして、所構わず抗議しましょう」などと投稿していた。

カテゴリー: 国内

人気の記事