ウーバー配達員の不法就労助長疑い ウーバージャパン幹部らを書類送検

By NewsMore

不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせたとして、警視庁は22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber Japan(ウーバージャパン)」(東京)の当時の幹部、法人としての同社を書類送検した。

読売新聞によると、都内では昨年、不法残留などのウーバー配達員が184人確認されていた。

朝日新聞が報じた:

書類送検されたのは、かつてウーバーイーツを運営していたウーバージャパンと代表社員だった女(47)、コンプライアンス担当だった元社員の女(36)。

 組織犯罪対策1課によると、元代表社員らは昨年6~8月、在留資格の有無を確認せず、ベトナム国籍の男(30)と女(24)をウーバーイーツの配達員として違法に就労するのを助長した疑いがある。元代表社員は「報告を受けておらず、知らなかった」と容疑を否認、元社員は「外国人の登録に問題があることはわかっていた」と認めているという。

 同課によると、都内ではウーバーイーツ配達員の外国人が不法就労容疑で逮捕・書類送検される例が多数ある。警視庁はこうした事態を重くみて、対策を講じるよう運営会社に指導を繰り返してきたという。

カテゴリー: 国内

人気の記事