日本のサイバー能力、「安全保障面では能力が低い」=英シンクタンク

By NewsMore

英シンクタンク「国際戦略研究所(IISS)」が28日付に公表した15カ国のサイバー能力を分析した報告書によると、日本は3段階で最低の「第3級」に分類された。

「第3級」に分類された国には、、インドやインドネシア、イラン、北朝鮮などがいる。

時事通信が詳しく報じている:

報告書は28日付。最高の「第1級」に分類されたのは米国のみ。「第2級」はオーストラリア、中国、フランス、ロシア、英国など。「第3級」は日本のほか、インドやインドネシア、イラン、北朝鮮などだった。

報告書は米英など英語圏5カ国による機密情報共有の枠組み「ファイブアイズ」の同盟国としてフランス、イスラエル、日本の3カ国を挙げた。ただ、フランスとイスラエルを「サイバー能力の高いパートナー」と位置付けたのに対し、日本は「同じく同盟国だが、強力な経済力にもかかわらず、サイバー空間の安全保障面では能力が低い」と指摘した。

日本に関してはさらに、「多くの企業が防衛力強化のためのコストを負担しようとしない」などと問題点も列挙した。

報告書はそれぞれの国の能力を「戦略とドクトリン」「サイバー空間における世界的リーダーシップ」など七つの項目で分析した。その上で、「少なくとも今後10年は米国の優位が続く可能性が高い」とする一方、中国が「第1級の米国に加わる軌道に乗っている」と結論付けた。

カテゴリー: 国内

人気の記事