不法滞在のベトナム人5人逮捕、職務質問で判明 北海道根室市

By NewsMore

更新:逮捕されたベトナム人のうち3人は技能実習生として入国した。

在留期限が過ぎていることを知りながら、不法に日本に滞在し、働いていたとして、北海道根室市でベトナム人5人が逮捕された。

HBCが報じた:

逮捕されたのは、ベトナム国籍で住所不定、自称作業員のチュ・ヴァン・フォン容疑者ら5人です。

チュ容疑者ら5人は、技能実習や短期滞在を目的に日本に入国し、在留期限を過ぎても滞在を続けていた疑いが持たれています。

警察によりますと、根室市東梅(とうばい)でパトロール中の警察官が、ソーラーパネルの設置作業をしていたチュ容疑者らを見つけ、職務質問をしたところ、在留期限を、2年から2年半、過ぎていることがわかったため、逮捕しました。

調べに対し、チュ容疑者らは「期限が切れているのはわかっていたが、金を稼ぐために働いた」などと話し、容疑を認めているということです。

カテゴリー: 国内

人気の記事