仏当局、ユニクロなど捜査 ウイグル強制労働が関連

By NewsMore

中国の新疆ウイグル自治区での人権問題をめぐり、フランスの司法当局は、人道に対する罪の隠匿の疑いで、「ユニクロ」の仏法人を含む衣料・靴大手4社に対する捜査を開始した。

産経新聞が報じた:

ニュースサイト、メディアパルトによると、中国の少数民族ウイグル族に対する強制労働など人権抑圧に関するフランス当局の捜査は初めて。フランスの対テロ検察で人道に対する罪の事件を担当する部門が、6月末に捜査を開始した。

フランスの人権擁護団体など3組織と自治区内のウイグル族収容施設の元収容者が4月に当局に告発していた。捜査の対象はユニクロのほか「ZARA」などのブランドを擁するスペインのインディテックス、米スケッチャーズ、フランスのSMCP。

カテゴリー: 国際

人気の記事