無職のバングラデシュ人を逮捕 アパートに侵入、性的暴行を加え、8時間にわたって監禁か

By NewsMore

6月30日、仙台市青葉区のアパートで、20代の女性が男に襲われ現金を奪われた事件で、警察は、2日、バングラデシュ人の26歳の男を強盗・強制性交と逮捕監禁の疑いで逮捕した。

この外国人犯罪者は被害者のアパートに侵入、性的暴行を加えたほか、およそ8時間にわたって監禁し、現金およそ4万5000円などを奪った。

NHKが報じた:

30日、仙台市青葉区宮町の、20代の女性が住むアパートに男が侵入し、刃物で脅して現金を奪って逃げ、警察は、付近の防犯カメラの映像などから青葉区大手町のバングラデシュ人の無職、アミン・モド・アル容疑者(26)を逮捕しました。

警察の調べによりますと、アミン容疑者は、30日午前3時ごろ、アパートに侵入し、女性に暴行を加えたほか、およそ8時間にわたって監禁し、現金およそ4万5000円などを奪って逃げた強盗や監禁などの疑いがもたれています。

調べに対し、アミン容疑者は「間違いありません」と供述し、容疑を認めているということです。

これまでの調べで、アミン容疑者は徒歩と自転車で現場から逃げ、自宅にいたところ任意同行を求められ、その後、逮捕されました。

捜索では複数の刃物が押収されたということです。女性は、アミン容疑者と面識がないと話していて、警察は、犯行の動機などを詳しく調べています。

カテゴリー: 国内

人気の記事