ルワンダの選手が感染防止策違反、出場資格 初のはく奪へ

By NewsMore

ルワンダオリンピック委員会の発表によると、新型コロナウイルスの感染防止対策ルールに違反したとして、ルワンダのマラソン選手が東京オリンピックの出場資格を剥奪された。

ANNnewsが報じた:

新型コロナウイルスの感染防止対策ルールに違反したとして、ルワンダのマラソン選手が東京オリンピックの出場資格を剥奪(はくだつ)されました。今大会での資格剥奪は、初めてとみられます。

ルワンダオリンピック委員会の発表によりますと、男子マラソンの代表だったムヒティラ選手が、ルワンダのキャンプ地の宿舎から無断で抜け出したため、出場資格を剥奪したということです。

大会組織委員会から自国のキャンプ地でも感染防止のルールを守るよう求められていました。

今大会の出場予定者で新型コロナ感染防止のルールを破り、資格が剥奪されるのは初めてとみられています。

ムヒティラ選手は、「治療のために抜け出す必要があった」と説明しています。

カテゴリー: 国内

人気の記事