フランス代表"黒人"デンベレが自身の侮辱発言釈明も 余計に反感を買ってしまう

By NewsMore

バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンは日本人に対する侮辱的な発言について釈明した。

デンベレは来日した際に、滞在したホテルの部屋で現地のスタッフに対し、「こんな醜い顔をして恥ずかしくないのか」「どんな後進国の言葉なんだ」「お前の国は技術的に進んでいるのか、いないのか」など発言した動画がネット上に拡散されている。

GOALが報じた:

この映像と発言は、デンベレと関わりが深いフランスやスペインのメディアでも「差別的」と紹介されることになったが、本人たちがついにリアクションを見せた。まずデンベレは『インスタグラム』を通じて、次のようなメッセージを記している。

「ここ最近、インターネットで2019年のプライベートの映像が出回っています。その場所は日本ですが、この世界のどんな場所でも、同じような表現を使っていたでしょう。したがって、私はどのコミュニティのことも指してはいません。私は人の出身地にかかわらず、友人とプライベートで、このような表現をすることがあります」

「映像は公のものとなり、映っている人々を傷つけてしまったかもしれないことは理解しています。そのために、心から謝罪をさせていただきます」

しかし、デンベレの謝罪・釈明文は、余計に反感を買ってしまっている。

カテゴリー: 国際

人気の記事