トランプ氏、フェイスブックなどの「反トランプ」IT大手3社を提訴  アカウント凍結解除求める

By NewsMore

ドナルド・トランプ前大統領は7日、ツイッター、フェイスブックとグーグルの3社と、各社の最高経営責任者(CEO)を相手取り、集団訴訟を起こす、と発表した。トランプ氏はIT各社が自身に対して不当な検閲を行ったと主張し、自身のアカウント凍結の解除などを求める模様。

AFP通信が報じた:

トランプ氏は米ニュージャージー州ベッドミンスター(Bedminster)に所有するゴルフクラブで記者会見し、自身が原告代表となり、フェイスブック、ツイッター、グーグルの3社とそれぞれの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)、ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)、スンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)の3氏を相手取った集団訴訟を起こすと表明。3社は「違法で違憲な検閲の実行者」と化したと批判した。

トランプ氏は、自身の支持者らが今年1月6日に起こした連邦議会議事堂襲撃事件を受け、フェイスブックとツイッターへの投稿を禁じられている。

トランプ氏によると、集団訴訟にはアメリカ・ファースト政策研究所のほか、各社の交流サイト(SNS)から追放された多数の米国民も参加。同氏は「われわれは、民主党支持者であれ、共和党支持者であれ、無党派であれ、全ての国民の表現の自由を守ることで、米国の民主主義を守る」と表明。「この訴訟は始まりにすぎない」と宣言した。

フェイスブックはトランプ氏に科しているアカウント凍結措置の期間を2年間に定めた。凍結期間終了時には、同社の専門家らが、トランプ氏のサイト上での活動が依然として公共の安全を脅かすかどうかを判断。公共の安全に重大なリスクがあるとみなした場合には、同社は凍結措置を一定期間延長するとしている。

つまり、トランプ氏のアカウントが復活したとしても、反トランプのフェイスブックに厳しい制限を科され、規則違反があれば即座に永久追放される。

ツイッターはトランプ氏のアカウントを永久凍結している。

カテゴリー: 国際

人気の記事