尹錫悦「日本原発処理水、政治で判断すべきでない」に韓国環境団体が謝罪を求める

By NewsMore

野党の有力な次期大統領候補である尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長が福島第一原発の処理水放出について「過去には問題視しなかった」と発言したことを受け、環境団体が強く批判した。

尹氏は6日、、処理水放出について「その時その時で、政治的次元で判断するような問題ではない」とし「事実、過去には大きく問題視しなかった」と記者団に述べていた。

中央日報が報じた:

環境運動連合は8日、報道資料を通じて尹前総長について「日本政府の福島放射性汚染水放流に関する正当化発言を謝罪せよ」と要求した。連盟は「尹前総長の発言は、福島放射性汚染水の危険性とこれによる環境汚染を懸念する市民の憂慮を無視するもの」とし「韓国政府も福島汚染水放流に対する明確な反対の立場を表明しており、国会でも日本政府の汚染水の海洋放流決定に関する糾弾決議案を採択した」とした。

環境運動連合は「放射性汚染水約126万トンの汚染水72%には毒性の高い放射性物質が最大基準値の2万倍以上存在している」とし「日本政府は、放射性汚染水を水で希釈し、基準値以下にして捨てると言うが、結局は放射性物質の総量は変わらないため、人類最悪の海洋汚染をもたらさざるを得ない」と指摘した。

また、団体側は「日本政府が実行しようとしている放射性汚染水の海洋放流は、人類の生命の源である海に対する核テロ」とし「国民の生命と安全を無視した状態で脱原発反対を政治的利益に活用する尹錫悦前検事総長の無分別な歩みを糾弾する」と述べた。

韓国大統領候補で与党支持率1番手の李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事も尹氏の発言に反応し、「日本の極右勢力の主張、これを代弁する日本政府の論理と変わらない」と批判した。

福島第一原発の処理水放出の影響について、韓国の原子力学会は「無視できる水準だ」とする見解を発表しており、同学会は韓国政府に政治的・感情的な対応を自制するよう求めている。

カテゴリー: 国際

人気の記事