北朝鮮、アストラゼネカ製拒否 ロシア製ワクチンを望む

By NewsMore

韓国の情報機関によると、北朝鮮は、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み「COVAX」を通じて供給される予定だった英アストラゼネカ製のワクチンを拒否し、ロシア製ワクチンの供給を望んでいる。

ロイター通信が報じた:

韓国の情報機関、国家情報院傘下の国家安保戦略研究所(INSS)が9日、報告書で明らかにした。

COVAXは、北朝鮮にアストラゼネカのワクチン約200万回分を提供すると発表していたが、韓国政府は先月、COVAXを通じた北朝鮮向けのワクチン配送が再延期になったと表明。当初は5月下旬に予定されていたが、協議が長引いていることを明らかにしていた。

北朝鮮は新型コロナの感染者を1人も報告していないが、韓国や米国の当局からは疑問の声が出ている。ただ北朝鮮は、国境封鎖、国内の移動制限など厳しい感染防止措置を導入している。

INSSの報告書によると、北朝鮮は別のワクチンの受け取りを検討している。

COVAXを運営するGAVIアライアンスのコメントは取れていない。

報告書によると、北朝鮮は有効性に対する懸念から中国製ワクチンにも関心を示していないが、ロシア製のワクチンには関心を示しおり、無償の寄付を望んでいる。

COVAXはアストラゼネカ製以外にも、米ファイザーやモデルナ製も供給している。しかし、特別な冷凍設備な同ワクチンは、電力供給が不安定な北朝鮮において、運用は難しい。

ロシアのラブロフ外相は7日、北朝鮮に対しワクチン提供について何度も提案したと発言している。

カテゴリー: 国際

人気の記事