ホーム国内

テレ朝「ワイドスクランブル」にヤラセ発覚 大下アナ「再発防止を徹底」

By NewsMore: : 6,073
コメントを書く・見る

21日、テレビ朝日の番組「大下容子ワイド!スクランブル」内のヤラセついて、同番組の司会者が謝罪する場面があった。

番組の説明によると、事前に番組側が用意した質問にもかかわらず、視聴者からの質問として放送していた。

デイリースポーツ

テレビ朝日の大下容子アナウンサーが21日、同局「大下容子ワイド!スクランブル」内で、不適切演出があったことを報告し謝罪した。

大下アナは番組最後に「ここで視聴者の皆様にお詫びがございます」と切り出し、「番組ではこの時間に視聴者の皆様から番組にお寄せ頂いた質問をご紹介して参りました。その質問内容を番組スタッフがあらかじめ用意し、視聴者の皆様からの質問であるかのように放送していたケースがありました。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

広告-以下に続く

続けて佐々木亮太アナから経緯が説明された。視聴者からの質問は番組HPとFAXで受け付けているが、質問をあらかじめ用意したのはチーフディレクターで、放送準備のためにそれまでに番組に寄せられた意見・質問を踏まえて「想定質問案」を作成し、今年3月以降、想定質問案を放送に使用していたと説明した。

テレビ朝日は過去、同社の報道・情報番組「スーパーJチャンネル」で、ディレクターの知人を初対面を装って取り上げる「仕込み」が判明し、放送倫理・番組向上機構(BPO)が放送倫理違反と認定している。

コメントを書く・見る

NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore

人気の記事