ホーム政治

日本政府 中国側の抗議にしっかりと反論 安倍元首相発言で

By NewsMore: : 6,789
コメントを書く・見る

中国政府は1日、安倍晋三元首相の「台湾有事は日本有事」発言を巡り、駐中国大使に抗議。

この中国側の動きに、松野博一官房長官は2日の記者会見で「日本側は然るべき反論をした」と明かした。

産経新聞が報じた:

松野氏によると1日夜、北京で垂秀夫(たるみ・ひでお)駐中国大使が中国側から「厳正な申し入れ」を受けたが、垂氏は「日本国内にこうした考え方があることは、中国として理解をする必要がある。中国側の一方的な主張については受け入れられない」などと反論した。

広告-以下に続く

安倍元首相は12月1日午前、台湾のシンクタンク「台湾国策研究院」主催のフォーラムで「日台関係の現在と将来の発展」をテーマにオンライン形式で講演。

FNNによると、安倍元首相は「中国にどう自制を求めるべきか。台湾有事は日本有事すなわち、日米同盟の有事でもある。この点の認識を、北京の人々は、とりわけ習近平主席は断じて見誤るべきではない」と語った。さらに「日本と台湾、そして民主主義を奉じる全ての人々は、繰り返し『誤った道に踏み込むな』と、訴えつづける必要がある」と強調、中国を強く牽制した。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事