ホーム国際

IOC 彭さんと2度目のテレビ電話 「無事で元気な様子」

By NewsMore: : 5,332
コメントを書く・見る

国際オリンピック委員会(IOC)は2日、中国のテニス選手の彭帥さんと2度目のビデオ通話をしたと発表した。女子テニス協会(WTA)が彭さんの安否への懸念から中国での試合中止を発表後の出来事だ。

日本経済新聞は「IOCは2022年2月に控える北京冬季五輪への悪影響を避けるため、改めて事態の沈静化を図った」と伝えた。

広告-以下に続く

AFP通信によると、 IOCは、今回のビデオ電話で、彭が「難しい状況に置かれているにしても、無事で元気な様子」が確認されたとしている。

彭さん失踪後の対応を巡り、IOCとWTAの中国への対応の差が際立っている。

WTAは1日、「中国は彭さんの問題に信頼できる対処をしていない」などとして香港を含む中国でのすべての大会を中止すると発表。この決定に、中国外務省は、「スポーツを政治的に利用」していると反発した。

広告-以下に続く

一方、中国のお怒りを受けたくないIOCは先月、バッハ会長が彭さんとビデオ通話する様子を写真で公開し、本人の安全をアピール。しかし、中国政府による人権侵害への懸念を打ち消そうとしているとして、批判された。

IOCは今回のビデオ通話でも「本人の安全が確認された」としている。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事