立民の白ジャケットで抗議に批判的な反応が続々

2021年2月10日   

立憲民主党の女性議員は9日、白いジャケットを着用し、衆院本会議に出席した。

午後、開かれた衆議院本会議、議場には「白いジャケット」を着た野党の女性議員の姿。なぜ、「白いジャケット」を着ているのか? 実はこれ、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の女性蔑視発言に「抗議」の意味で、野党議員が与野党の議員に「白いジャケット」を着るよう呼びかけたからなんです。
日テレNEWS24「国会で女性議員が「白いジャケット」 込められた意味はから

米国では、白は女性参政権のシンボルカラーだ。

トランプ前大統領の発言をめぐり、米国の女性民主党議員が白のジャケットを着て抗議の意思を示したこもある。

これにならって白い服を着たのだと、企画を呼び掛けた立憲民主党の大河原議員は語った。

立憲民主党 大河原議員「森会長の女性蔑視発言を許さないホワイトアクションと名づけました。女性参政権を求めて活動してこられた方たちの象徴の色、白を使ったアクション」
テレ東「森氏発言に野党議員が白ジャケット白バラで抗議」から

だが、このホワイトアクションに対する反応は批判的な声が多い。

しかし、立憲民主党の女性議員はパフォーマンスに成功して嬉しいのか?

メディアの写真撮影に笑顔で応じた。


https://pbs.twimg.com/から