ホーム政治

岸田首相「親中派と呼ばれることに違和感」

By NewsMore: : 7,874
コメントを書く・見る

岸田文雄首相は「親中派」と批判されることに嫌気をさしている模様。

産経新聞が報じた:

岸田文雄首相は3日夜、自民党岸田派(宏池会)に所属していた左藤章、大西宏幸両元衆院議員と東京都内のホテルで会食した。保守派から「中国寄り」と指摘される林芳正外相の起用を念頭に「媚中派と言われるのは不本意だ。林氏は中国に行くとは一言も言っていない」と語った。会食後、大西氏が記者団に明らかにした。

広告-以下に続く

関連:「親中派」林外相、日中議連会長辞任を表明

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事