ホーム政治

安倍元首相 中国側の批判に余裕の返し「私に注目していただいて光栄だ」

By NewsMore: : 7,626
コメントを書く・見る

安倍晋三元首相は3日、言論テレビに出演。自身の「台湾有事」発言に批判した中国についてコメントした。

安倍元首相は1日、台湾のシンクタンクの招きに応じたオンラインの講演で「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある」と発言。(関連:日刊ゲンダイ「米国はとって大困惑」安倍元首相「台湾有事は日米同盟の有事」に)

広告-以下に続く

中国側は「公然とでたらめを言った」と批判し、「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」と警告した。

この中国の反発について、司会の櫻井よしこ氏が「お聞きになっていかがか」と質問されると、安倍元首相は「既に私は総理を退任し”一国会議員”。”一国会議員”の私の発言に注目をして頂いた事は大変光栄だ」と余裕の返しを見せた。

さらに、自身の発言について過去に様々な批判を受けてきたとし、「批判への免疫力はついている。これからも言うべきことは物申していきたい」と語った。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事