ホーム国内

法務省 「人権週間」と題し、中国製アプリ「TikTok」とコラボキャンペーン

By NewsMore: : 10,850
コメントを書く・見る

法務省は「人権週間」と題し、動画投稿アプリ「TikTok」と連携したキャンペーンを行っている。

TikTokは中国ByteDance社が開発運営しているモバイルアプリ。人権侵害とアプリを介した情報収集を行う国のアプリです。

広告-以下に続く

TBSが報じた:

きょうから始まった「人権週間」にあわせて、法務省は「#誰かのことじゃない」をテーマにTikTokとコラボして特設サイトを立ち上げました。誹謗中傷やいじめに警鐘を鳴らすキャンペーンを行います。きょうから、東京・原宿など都内4か所の街頭ビジョンでも流れます。

法務省は、キャンペーンの狙いについて「SNSに触れる機会が多い若い世代に人権について考えてもらいたい」としています。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事