ホーム政治

自民議員 毎日新聞記者から「脅迫的取材」を受けたと告白...「一般人ならPTSDに」

By NewsMore: : 7,409
コメントを書く・見る

自民党の和田政宗参院議員が8日、毎日新聞の記者から「脅迫的な取材」を受けたことを告白した。

和田氏がSNS上に投稿した内容によると、「武蔵野市住民投票条例案撤回」を求める街頭演説に参加後、毎日新聞の記者から取材を申し込まれたが、次の活動予定があるので「書面」での回答を依頼した。

広告-以下に続く

しかし、毎日新聞の記者はその後も執拗に和田氏を追いかけ回し、その勢いはカメラが自身の顔にぶつかるほどだったという。

和田氏は「一般の方であればPTSDになるような恐怖を感じる取材」と毎日新聞の取材手法を批判。本社に抗議したが回答は「通常の取材の範囲」だった。

和田氏は毎日新聞社の回答について「ジャーナリズム出身者として許容できません」と批判。「毎日新聞社はジャーナリズムではないと考える」として、今後毎日新聞からの取材を受けないとした。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事