ホーム国際

トランプ氏がバイデン氏を批判、アフガン情勢に無関心

By NewsMore: : 6,169
コメントを書く・見る

(SPUTNICK)-ドナルド・トランプ元大統領はジョー・バイデン大統領がロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談でアフガニスタンからの撤退について全く言及しなかった点について批判した。

トランプ氏の声明には次のように記されている。

広告-以下に続く

「ウラジーミル・プーチンは我々がアフガニスタンから哀れに撤退したことを確認している。我々はそこで命を落とした兵士、米国市民、そして850億ドル相当の軍事施設を置き去りにしてきた。そして彼は平然とバイデンを見ている。彼はまったく懸念していない」

12月7日にプーチン大統領とバイデン大統領はビデオ形式で首脳会談を行い、2時間にわたって議論した。会談では主にウクライナ情勢について意見が交わされたものの、アフガニスタン情勢については言及されなかった。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事