ホーム科学・医療

オミクロン株には計4回の接種が必要=ビオンテックCEO

By NewsMore: : 7,409
コメントを書く・見る

(SPUTNICK)-ファイザー/ビオンテック社が開発した新型コロナウイルスのワクチンは2度の接種では新たな変異株「オミクロン株」に十分な免疫力を構築しないことから、3度目の接種が早くも3ヵ月後には必要となるほか、ブースター接種として4度目のワクチン接種も検討する必要がある。ビオンテック社の共同創業者であるウール・シャヒン最高経営責任者(CEO)が独誌「デア・シュピーゲル」への取材に応じた中で発言した。

シャヒンCEOは取材の中で次のように発言した。

広告-以下に続く

「オミクロンについて言えば、2度の接種では十分な免疫力は構築できない。指摘されている通り、オミクロンがさらなる感染力を持っている場合、早くも3ヶ月後にはブースターを提案することが科学的に根拠があるように思う」

仮に3度のワクチン接種が十分な免疫力構築のために必要となる場合、ブースター接種として4度目のワクチン接種が必要になるかとの質問に対し、シャヒンCEOは「その通りだ」と回答した。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事