ホーム国内

櫻井翔「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」元日本兵に質問

By NewsMore: : 7,688
コメントを書く・見る

(NewsMore)-6日放送の『news zero』(日本テレビ系)で、キャスターの櫻井翔が行なったインタビュー内での発言が、ネット上で炎上する事態になっている。

真珠湾攻撃に参加した元日本兵に「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」と質問したのだ。

まいじつが報じた:

番組は、太平洋戦争から80年が経過するということで、発端となった〝真珠湾攻撃〟を特集。戦争に参加した現在103歳の吉岡政光さんに、櫻井がインタビューを行なった。

広告-以下に続く

吉岡さんは、魚雷を投下する雷撃機「九七式艦上攻撃機」の搭乗員として真珠湾攻撃に参加したとのこと。ハワイへの奇襲を知らぬまま出航し、海上で真珠湾攻撃の概要を伝えられたそうだ。当時を振り返り、吉岡さんは「戦いに参加させてくれてうれしい」と思う反面で、死ぬことを決心するのは大変だったと語る。

魚雷を落とした瞬間のことを吉岡さんが話すと、櫻井は「そういう時はどういう気持ち?」とインタビューの定型文とも言えるような質問をぶつける。これに吉岡さんは「魚雷があたったということで非常に安心しましたけど」とコメント。

広告-以下に続く

すると櫻井は「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」という質問を繰り出す。「戦時中ということはもちろんなんですけれど」と前置きしていたものの、もっと適切な言い方があったのでは、と思わずにはいられない…。

櫻井から質問をぶつけられた吉岡さんは、それまでしっかりとした口調でインタビューを受けていたが、口ごもってしまう。しばらくしてから口を開くと、「私は航空母艦と戦艦を沈めてこいという命令を受けているんですね。人を殺してこいとは聞いてないです」と櫻井をたしなめるような口調で返答するのだった。(続きを読む)

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事