ホーム国内

トランスジェンダー 女性用トイレに侵入 警察は刑事罰とすべきか検討中

By NewsMore: : 8,804
コメントを書く・見る

(NewsMore)-今年の5月、大阪の商業施設で「女性」を自称する40代の男性が女性用トイレに入り、施設から通報される事態があった。

NHKによると、男は警察に対し「「子どものころから女性用のものが好きで、自分は女性だと自覚している。戸籍上は男性なのでだめだとわかっていたが女性として女性用トイレを使った」と話したという。

広告-以下に続く

警察は「心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることが確認された」として、刑事事件として扱うべきか慎重に検討中だ。

もし、「LGBT理解増進法」なる法案が成立してしまったら、通報した施設側は差別をしたと認定され、警察は刑事罰を検討さえしないだろう。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、政治コンテンツを中心に、報道・SNS等から集約するニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事